人材育成研修で主体的に行動できる人材育成と問題解決能力のある組織づくりを関西から支援します。内閣府認証NPOとして約12年間、関西(大阪・京都・神戸)を中心に、人材育成研修をカスタマイズで提供して来ました。現場が変わる部下指導、人材育成研修を実施します。

レジリエンス社員育成研修

レジリエンストレーニングとは?

レジリエンス(resilience)とは「逆境力」「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される心理学用語です。

ここ20年以上、「褒める教育」が良いとされ、「厳しい指導はやる気をそぎ、人を伸ばさない」といわれてきました。
上司が部下のために、良かれと思って事実を指摘しただけでパワハラと言われ、指摘された部下は仕事をやめたり休んだり…、最悪メンタルヘルスになったりするのが現実です。
一方、正しく叱れない上司の部下は、部下の行動は改善されず、野放しな状況で、現場で周囲が頭を抱える始末です。

こんなことから、上司の方は「正しく叱り育成する力」が求められ、部下は成長する上で、このレジリエンストレーニング「逆境力」「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」が欠かせなくなりました。
 
   

レジリエンス社員育成セミナー 開講!

【レジリエンス社員育成セミナーの詳細】

叱られれば響き、改善できる社員に育てよう!

逆境でもしなやかに対応して失敗を未来につなげる社員育成セミナーです!

叱り方ブームを作った私たちが叱られ方のリクエストにお応えしました!

正しい叱られ方も実践方式で身に付きます。

【日 時】次回は2019年1月16日(水)10:00~16:00を予定しています。
【参加費】12,000円(税込)/人
【定 員】30名 
【会 場】決まり次第、ご案内します。

お申込みはこちらから。


<<News!>>
レジリエンス社員育成セミナーについて、理事長 喜田のインタビューと7月のセミナーの様子が2018年8月20日神戸新聞に掲載されました。
下の画像をクリックすると、PDFファイルが新規ウィンドウで開きます。

レジリエンス社員育成セミナー記事

当研修の社内導入をご検討の担当者様は別途招待枠がありますので、お気軽にお問い合わせください


人材育成研修レジリエンス社員育成セミナーお申込みボタン

レジリエンス社員育成セミナー 内容

レジリエンス社員育成セミナーの内容詳細

 
10:00~16:00



































【レジリエンス力のある社員とは】
    感情のコントロール・自尊感情・自己効力感・人間関係
  社会人として求められるストレスマネジメントの能力を知る
  自分を振り返る(受け取る)力
    失敗を未来につなげる力
    上司(相手)のこころを聞く力
  逆境ストレスって何?
 
【コントロールできることを腹に落とす】
  当事者意識と主体性で生きていくために
    根底にどんな意識を持つ必要があるのかを知る
  認めてもらえる・任せてもらえる・話を聞いてもらえるために
    自分がどうするか。
 
【パラダイムシフトを味方に付ける】
  過去、自分が経験した逆境(つらかったこと)を振り返る
  事実・思考(捉え方)感情の流れを変える力を養い感情をコントロールする
  自分なりに頑張ってきたこと、やりきったことを具体的に思い出す
  自分のブレーキを知る
 
【人間関係構築力をつける】
  周囲の人の行動傾向からアプローチのバリエーションを知る
  上司などの真意を聴く力を養う
 
【叱られた時の正しい対応】
  具体的なポイント
 
【未来に向った歩むために】
  セルフコーチングを身につける
  思考とこころの癖を直す!10のこころの癖
  すぐにできるセルフケア(物理的なこと)
  3つのリラクゼーションテクニック
 
【参加者で共有】
  気付きのディスカッション まとめ


 

レジリエンス社員になると

レジリエンストレーニングを重ね、レジリエンス力を備えた社員に成長すると、どんな未来が待っているでしょうか。
まず、大きく分けて4つの基盤が育ちます。

 
①感情のコントロールができる

社会人になると本人にとって思いもよらない逆境が待っています。
得意先からのクレーム、仕事で失敗やミスをする、上司からの叱責など。
それらの事象(事実)に対して怒りや悲しみに陥り、前向きになりたくても身動きが取れなくなることも多々あるでしょう。
過去に起きてしまった事象(事実)をどのような思考(捉え方)をしているか、冷静に見極め、未来へ進むために有効な思考を選択し、感情のコントロールができることです。

 
②自尊感情・自己効力感がある

自尊感情とは、まずはあるがままの自分を受け入れ大切にする感情を言います。あるがままの自分を認めていくことから自己肯定感も育ち、自己肯定感という自らの価値を認め、存在意義を肯定できる感情が育まれます。
自己効力感とは、不確定な未来に対して、自分ができるかもしれない、やってみようと思う力を意味します。社会人として成長していく上で欠かせないものでしょう。

 
③自立力がある

今の自分の現実のチカラや状況、役割を、まずは自覚し、他責にせず、当事者意識を持って未来に進むこと(自立力と呼んでいます)は重要です。例えば、上司の言うことを、一旦素直に自分に組み入れ、咀嚼し考え、自ら成長しようとする姿などです。
 
 
④コミュニケーション能力がある(人間関係構築)

心が折れるような事態に遭遇した時、やはり、周囲との人間関係で救われることもあるでしょうし、逆にその人間関係が希薄だと孤独感にさいなまれ、逆境に負けてしまうかもしれません。
あるいは、上司やお客さまから理不尽な叱られ方をしたとしても、そのような人と少しでも信頼関係が築けるように、コミュニケーションをとり、どうしていったらよいかを考え、行動に移せる能力があれば、打たれ強く、未来へ進むことができるでしょう。
 
   

コントロールできることを腹に落とす

私たちが全ての研修、講演会でお伝えしている基本に、「過去と他人は変えられない。自分と未来は変えられる」というものがあります。
上司や得意先など、周囲の人から、「認めてもらえる・任せてもらえる・話を聞いてもらえる」ために自分がどうなれば良いのか…。
この思考を徹底的にお伝えしていきます。その上で、自責で物が考えられるようにご指導します。

※自立の定義
 
   

レジリエンスに不可欠なパラダイムシフトを味方に付ける

レジリエンス社員の4つの基盤で「感情のコントロール」を述べましたが、逆境や困難な経験などをした場合、私たちは落ち込んだり悲しんだり、怒りに震えたりなどの感情からなかなか抜け出せず、未来を描くことができません。

そんな時は、このパラダイム(思考の枠組み)シフトをして感情のコントロールをし、未来に向って進む力が役に立ちます。レジリエンス社員育成研修では、このパラダイムシフトの力をつけ、現実を自覚したうえでの発想の転換をトレーニングします。
 
   

人間関係構築力をつける

仕事で成長していくためには、「認めてもらえる・任せてもらえる・話を聞いてもらえる」と思ってもらえる関係づくりが必要となります。
せっかく自分を研鑽しても、自己完結してしまっては、残念な結果に終わるかもしれません。
そのためには、良い人間関係を構築する力が必要となります。
そのためのスキルもレジリエンストレーニングには必須となります。
上司の真意を聴く耳を持つ。相手の話の本質をつかみ、丁寧に聞く力を養いましょう。相手の心を開く会話力が大切です。
 
   

レジリエンス力を高め、未来に向って力強く進むために

レジリエンスな生き方を阻む10のこころの癖について
デビッド・D・バーンズ(精神科医)の10種類の認知の歪み(こころの癖)

1.全か無か思考(all-or-nothing thinking)
2.過度の一般化(over-generalization)
3.心のフィルター(mental filter)
4.拡大解釈と過小評価(magnification and minimization)
5.感情的決め付け(emotional reasoning)
6.マイナス化思考(disqualifying the positive)
7.結論の飛躍(jumping to conclusions)
8.すべき思考(should statements)
9.レッテル貼り(labeling and mislabeling)
10.個人化(personalization)

以上の10のこころの癖を紐解きながら自分自身を振り返ります。
 
   

叱られた時の好ましい対応

成長段階では、失敗はつきものです。上司に叱られながら育っていくのです。
では、叱られた時の対応はどうしていったらよいのか、具体的に指導していきます。
 
①受容…叱られるということは、自分の成長を支援してくれたと受け入れること。
②反省…「自分の行動は違っていた。自分は間違ったことをした」と誠実素直に認めること。
③謝罪…自分の非を認めて、心から謝罪すること。
④改善…同じ過ちを起こさないように、次からどうしたらよいのか対策を考え、実行すること。
⑤感謝…自分の成長のために叱ってもらえたと捉え、感謝すること。
⑥報告…求められた場合、事実のみを報告すること。
⑦信念…自分の仕事の意味・意義、自分がやりたかったことを思い出し、気持ちを未来に向けること。
 
   

メンタルヘルス セルフケアについて

さまざまな事象がメンタルを襲う時、具体的な行動レベルで何ができるのかもお伝えしていきます。

1.      カラダを動かす
2.      今の気持ちを書いてみる
3.      腹式呼吸を繰り返す
4.      「なりたい自分」に目を向ける
5.      音楽を聴いたり、歌を歌う
6.      ユーモアを忘れない
 
いつでもできる3つのリラクゼーション

1.      気分転換に海、山、動物園、水族館に行く
2.      感情を出す 泣ける映画を見る
3.      好きなことをする 趣味、音楽、絵を描くなど
 
 

人材育成研修レジリエンス社員育成セミナーお申込みボタン

医療介護職員人材育成研修 人材育成研修「叱り方検定」 ブログ 講師紹介 マスコミ・取材 助成金バナー 自立型支援方法

組織概要

組織名 特定非営利活動法人
マザーズサポーター協会
メンターマネジメント協会
代表 喜田菜穂子


NPOマザーズサポーター協会 他リンク

NPO法人マザーズサポーター協会

喜田菜穂子バナー

アドマーニ

法貴かおり

セミナー情報

お試し出前セミナー・勉強会など

★人材育成研修を検討されてる人事担当者のみなさま向けに、無料体験版をご用意しています。
(関西(大阪・神戸・京都)以外も大歓迎)
お問い合わせはこちらへ
 
★東京・神戸での勉強会情報はこちらから  
人材育成研修 叱り方検定  
叱り方DVD紹介動画

効果的な叱り方 動画
医療介護職員人材育成研修 人材育成研修「叱り方検定」 ブログ 講師紹介 マスコミ・取材 助成金バナー 自立型支援方法