人材育成研修で主体的に行動できる人材育成と問題解決能力のある組織づくりを関西から支援します。内閣府認証NPOとして約12年間、関西(大阪・京都・神戸)を中心に、人材育成研修をカスタマイズで提供して来ました。現場が変わる部下指導、人材育成研修を実施します。

RSS

レジリエンスアップセミナー「働く女性のためのしなやか術」を開催しました!

カテゴリ : 人材育成研修 メンタルヘルス
人材育成の場面において、レジリエンス(精神的回復力、復元力)の強化が注目を集めています。

神戸市に協賛いただき神戸市男女共同参画センター(あすてっぷKOBE)において、2018年10月28日(日)
「働く女性のためのしなやか術 流れを変え、未来を拓くレジリエンスアップセミナー」を開催いたしました。

私たちは、仕事だけでなく、人生において、様々な困難や逆境だと感じる時があります。
そんな困難な時にこそ、自分で流れを変えて、自分にとって明るい未来になるよう捉え方を選択し、行動していくことができるレジリエンスのある人を目指したいものです。

今回は、レジリエンスを高めるための一つのスキルとして、起こった出来事に対する捉え方を変える「パラダイムシフト」をワークを通して練習していただきました。

私たちの頭を悩ませていることは何か?そのことに対して、現状どうとらえているのか?どう感じているのか?を冷静に見つめ、
その上で、別の角度でどのように捉えることができるかを考え、また、テーブルでアイデアを出し合っていただきました。

「いつも、悪い方ばかりに考えていました!」
「なるほど、そんな捉え方ができるんですね」
などの感想が飛び交い、前向きになってくださった方もいらっしゃいました。

今回の、捉え方を変える「パラダイムシフト」も取り入れながら、レジリエンスを備えて輝く未来へ羽ばたいていただきたいです。
 
   
   
レジリエンスアップセミナー


 
レジリエンスアップセミナー 

 

●ご参加いただいた方のご感想【アンケートより抜粋】
 
・とても学びの多い講座でした。

・期待をはるかに超える有意義な研修でした!
 マイナスと捉えた事実も見方を変えれば成長の種であったこと、今、前に進んでいる事を確認できました。

・ワークで同じ班の人とお話をして、いろいろな気付きがありました。

・新しい視点を教えてくださって、本当に良かったです。

・事実、物事をしっかりとらえて、ポジティブな考え方をしていきたいと思いました。

・とても有意義な一日で本当に参加させていただいてよかったです。

・「過去と相手は変えられない!自分と未来は変えられる!」励みになりました。

・人と関わる中で、とても大切な考え方だと学ばせていただきました。
 いつも、もやもやとなかなか整理できない気持ちの片づけ方を教えてもらいました。

 
 担当講師:土元紀子  
2018-10-31 11:36:14

人材育成研修 「愛のある叱り方」

カテゴリ : 人材育成研修 メンタルヘルス
今回は、女性が多く活躍されている保育士、調理士のみなさまに
コミュニケーション研修をさせていただきました。
テーマ
「愛のある叱り方」~人を伸ばす叱り方とは~
どこの職場でもそうですが、人材育成には、力を入れられていると同時に、お悩みも尽きないようです。
たしかに、人育てには時間がかかります。今日やったからといってすぐに効果が出るものではないかもしれませんが、それでも粘り強く日々、信頼関係を築いていくことで、時には厳しい言葉も受け取ってもらえるようになるかもしれません。
だからこそ、先輩、上司としての関わりとスタンスはとても大切です。
この人になら話してみよう、この人の話なら聞ける、この人なら安心だというように。
叱る場面、それは相手の未来を共につくるお手伝いができる機会であり、成長のチャンスでもあります。
人材育成研修の中でも、どう叱れば効果的なのかというお言葉を、多くいただくようになりました。お伝えしたことが、明日からでも現場で使っていただけたらと切に思います。

人材育成研修 大阪地区
                            
メンターマネジメント講師 菅野美樹
2016-05-27 00:00:00

人事担当者必見!実践的な内容が好評な「叱り方研修」

カテゴリ : 人材育成研修 メンタルヘルス
大阪で2013年1月に第一回目を開催したNPO法人マザーズサポーター協会主催の「叱り方検定」は、今年で3年目を迎えました。 人材育成として「叱り方検定」が話題を呼んだことで、私共へ「叱り方の研修」のお問合せやご依頼をいただくようになりました。 (公財)日本電信電話ユーザ協会(港・東京南地区)様からは、一昨年に人材育成叱り方半日研修、昨年に「叱り方と褒め方」の1日人材育成叱り方褒め方研修、と2年連続でご依頼いただき、講師を担当しました。  
参加された方の感想を一部ご紹介させていただきます。 
・講師のデモンストレーションを見て、説明だけでは分からない具体的なことを習得することができた。 
・信頼関係の築き方の中で行った「2分間の傾聴」は、すぐに取り入れられると感じた。 
・「伝えたこと」でなく「伝わったこと」がすべてと教えていただき、今まで自己満足で終わらせていたことに気付いた。
・どこかで「相手は変えられる」と思っていたのではないかと反省した。 「他人は変えられない。指導を受け入れるかどうかは、部下が決める。」という意識の大切さを感じた。 
・明日、職場で一人話してみようと思う人がいるので、今日の研修を早速活かしたい。 
・叱り方のワークは大変勉強になった。ワークすることで感情の動きがわかった。
・叱ることが苦手な立場として、「覚悟を確認する」は、これまでやっていなかったことだった。すぐにできることからやってみようと思う。  

 「わかった」で終わるではなく、「すぐにやってみよう!」と思っていただけることをモットーにした実践的な研修プログラムです。
受講される方々に無記名のアンケート等で生のお悩みを聞き、人材育成叱り方研修の中でしっかりと解決して現場に戻っていただく、といった内容もご提供していて、これも大変好評です。  

お気軽にご相談いただけたらと思います。

叱り方検定班 班長 法貴かおり

 
研修風景  
2016-05-17 08:41:33